モルフォタワー/螺旋で息づく磁性流体




表面にぶつぶつが出てきて、ざわっと伸びて集まって、

それはまるで生きているかのよう。

磁石に反応する黒い液体。
磁性流体を初めて見たとき、その奇妙なリアルさに戸惑った。
CGや映像では見慣れた、ただし、現実には実現するはずのないリアリティ。
それが実在して、目の前にある。

それでも、磁性流体のかたちは、CGのように自由には動かない。
物質の世界の重力や磁力の法則に従って、
不思議に植物や花や動物のかたちに似てくる。


このとげとげは何に見える? ・・・・・スイレン
このとげとげのかたちは? ・・・・・ハリネズミ

そうやって素材とイメージの対話を繰り返しながら、
これまで、さまざまな磁性流体の作品が生まれた。

ほとばしるようにエネルギッシュな液体による造形は、
生きているかのようにエロティックで、ときに禍々しく暴力的な姿を見せる。
その姿に魅せられ、私は常に、物理的実体としての素材の持ち味を
極限まで引き出すことに腐心している。


誰も見たことのない美しい人工物の姿―
まだ見ぬ未知の大陸が広がっているのだ。




児玉 幸子 (こだまさちこ)



モルフォタワー画像1
磁性流体について

展示風景と作品





児玉幸子の写真とDVD


ご注文・お問い合わせはこちらへどうぞ

| home | about artist | morphotower | magnetic fluid works | gallery sakamaki | English |

ページトップへ
Copyright(c) gallery SAKAMAKI All rights reserved.
すべての写真をみる